So-net無料ブログ作成

フィリピン 台風22号 マニラの被害状況!





台風22号は6日夜にサマール島に上陸。
上陸前後の中心付近の気圧は935ヘクトパスカル、
最大瞬間風速は70メートル

台風の影響で7日、
フィリピン東部の沿岸部には強い波が押し寄せた


フィリピン台風で、90万人近くが避難


これまでに、
高齢の女性がおぼれるなどして、5人が死亡した


地元メディアによるとサマール島で1人が死亡したほか、
パナイ島では避難所にいた2人が低体温症で死亡したという

22号は西北西の方向へ時速約15キロで
ゆっくりと移動し、同国を横断する形で7日には
中部のマスバテ島に上陸し、9日には海上へ抜けた。

移動速度の遅い台風は被害が大きくなりやすい。
と、いうことで、

100万人が避難。

通信状況が悪化しており、
被害状況の確認には時間がかかるとみられる。
全土では100万人以上が避難した


地元テレビ局は、
道路が水につかり、
建物の屋根が飛ばされるなど、
被害を受けた様子を伝えた。


実はフィリピンでは日本とは違い
『12月の台風』はそこまで珍しくない。


日本からすると、
12月のこの時期に台風かと思いますが、
実はフィリピンでは3年続けて台風が
この時期(11月・12月)に発生している。

昨年は11月だが、
台風30号で大きな被害が出ていた。

去年11月の台風30号の直撃は、
死者・行方不明者およそ7300人に上る
大きな被害が出たことから、
フィリピン政府は今回、
広い範囲で住民に避難を呼びかけるなど
警戒を強めていた。


台風30号と今回の22号は進路が似ており、
北寄りに進み、首都マニラを直撃。


去年の台風で壊滅的な被害を受けた
レイテ島のタクロバンやサマール島、
ルソン島南部では停電が起きている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
左側)

フィリピン人女性happy動画集!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。